恋を語る歌人になれなくてブログ

2016,5月 恋の自作短歌をLINEで誤送信してしまったことをきっかけに、短歌な世界に引き込まれて行く。おそーるおそーるな一歩一歩の記録。

絶望

短歌しはじめた本当の最初の最初の頃は、楽しくてぽこぽこつくってひとりで面白がっていたのだけど、ここへきて、少し気持ちの変化が。

短歌がうまくなりたい。

この頃つくってる歌がことごとくごみくず短歌ばっかりなのでは...と思い始めたらどんどんつらい方向へ...。あぁ。

大好きな歌人みたいにはっと息をのむ表現も出てこないし、短歌投稿サイトでよく見るわたしの苦手なキラキラ表現も。何もない、わたしには何もないのです。

絶望で串刺しにされ七夕に願うことなく泣き泣き眠る /森×緑


【今日のうた】

すべきこと それよりわざわざ靴を買いそれよりわざわざ靴を磨いて

 平岡直子「東京に素直」『たべるのがおそいvol 1』