恋を語る歌人になれなくて

2016,5月 LINEで送信したメッセージを「それは短歌だよ」と教えてもらったことをきっかけに、短歌な世界に引き込まれて行く。おそーるおそーるな一歩一歩の記録。

いや待てよ、そんなに絶望してないぞ。

たぶん、自分の短歌に絶望したりするのは、アレでは?と思い当たった。
岡井隆『今はじめる人のための短歌入門』の最初に書いてあった、アレ。そのうち他の人の歌とくらべるこころ、競い合うこころが芽生えてくる、、、というアレではないか、、、???

絶望というより、自信の無さ、希望の無さ、どうしたらいいかわからない気持ちが、さっきまで短歌をたのしく感じていたのに、唐突に、ゲリラ豪雨のようにギャーーと襲って来る。という現象。

襲い来るコレをうまくかわしながら、たのしく短歌し続けたいけど、どうしたらいいんだろう。いま、いろいろ考えてるところ。


【今日のうた】

「ぼくに会ひに来るつもりならさう言って。」冥王のそばが離れにくくて

 岡井隆ウランと白鳥』