読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

恋を語る歌人になれなくてブログ

2016,5月 恋の自作短歌をLINEで誤送信してしまったことをきっかけに、短歌な世界に引き込まれて行く。おそーるおそーるな一歩一歩の記録。

角川短歌12月号にぢいさん長餅

退院後、急に調子が悪くなり、ほぼ寝たきりで2日おきに通院する日々を一週間おくり、今日は開腹の、いやいや、回復の兆しアリ。

昨日、定期講読の雑誌をまとめて母に受け取りに行ってきてもらいました。『短歌研究12月号』が特別定価で高くなってたため、またしても母は「短歌の本は高い」と思っちゃっただろうなあー...。

『角川短歌12月号』角川歌壇 坂井修一選 佳作で一首採ってもらってました。

ぢいさんが長餅食らふその様は「我が子を食らうサトゥルヌス」に似て/森緑

えー!?これ??
見たまんまなのにいいのかな、、、と一番迷いながら送った一首だけが採ってもらえる謎現象、、、

ゴヤの「我が子を食らうサトゥルヌス」を観るたび、その背景のストーリーを知っていても、じじいが長餅むにゅーって食ってる様子に見えてしまうんですよね。

こちらの画像を見せた旧友は、隣にならんでるほかの方の短歌も読んで感想を伝えてくれたのがうれしかった。
自分の一首をきっかけにほかの歌人の歌や、短歌そのものに触れてくれる人がいるなんて、まさに生きてる甲斐、生き甲斐があります。

f:id:mxmidori:20161126122035j:plain


【今日のうた】

弁天堂のむかうほかりと見えてくるだぶだぶコートの鳥おばあさん

 坂井修一『牧神』