恋を語る歌人になれなくてブログ

2016,5月 恋の自作短歌をLINEで誤送信してしまったことをきっかけに、短歌な世界に引き込まれて行く。おそーるおそーるな一歩一歩の記録。

アツいタンカツ!伊勢歌話会

歌会参加、二度目でまだまだどきどきでした。

自分でもアリなのかナシなのかと考えていた歌もふくめて10首持っていきましたが、やっぱりだいたいはだめでした。(^_^;;;)

自分のだめな癖がわかってきたり、ああこういう歌が好きだなって傾向がはっきりしてきたり。これからも経験値を上げていきたいです。
今はまだ、コメントもうまく言えなくてもどかしいし、歌を詠んだのに的確なコメントをしてもらえなかったら残念だもの、ほかの皆さんに申し訳ないな、ってあせる気持ちもあるけど、とにかく、経験を積ませてもらう間に勉強して吸収します。

あとあと。今日の大辻隆弘先生の歌がとても好きで、帰り道ちょっと涙目に。
憧れの大好きな歌人のすぐそばでびしびしタンカツできるなんて、しあわせ過ぎて空港で暗殺されそうなレベルだよーーー。


【今日のうた】

寂かなる園丁がきて薔薇の実の朱あざらけく熟れたるを剪る

みずのうへに浮かぶ椿の花びらが木の下影のなかを過ぎたり

 大辻隆弘「デューデルの犬」