恋を語る歌人になれなくてブログ

2016,5月 恋の自作短歌をLINEで誤送信してしまったことをきっかけに、短歌な世界に引き込まれて行く。おそーるおそーるな一歩一歩の記録。

ひとつも歌が詠めない

この前の歌会で自分の弱点、反省点が明らかになったものの、克服に難儀しています。

わたしが苦戦している点は、「短歌はお話ではない」ということと、「ある瞬間をとらえてもっと細かいところまで描く」ということ。

もやもやしてる時、「短歌の本音 うまくなりたいのか?男たちの短歌上達法」を読んだ。ナイスタイミング、俺。
自分の歌を好きだと思えるような歌を少しでも詠みたいし、理想とする歌に近づきたい。
何年もつづけてる短歌の先輩方にも葛藤があることも新鮮でした。
中でも中牧正太さんの最後の文章、「面白いことを詠まなくてはと焦らずに」、とか、「失敗とごくまれに訪れる成功の積み重ねの先に短歌の上達が」に勇気づけられました。ありがとうございます。


【今日のうた】

草競馬見にゆく朝 新革を嗅ぐごとく濃きコーヒーを飲む

 小島ゆかり『馬上』