読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

恋を語る歌人になれなくてブログ

2016,5月 恋の自作短歌をLINEで誤送信してしまったことをきっかけに、短歌な世界に引き込まれて行く。おそーるおそーるな一歩一歩の記録。

ありがたいことですが

ありがたいことですが、秋ごろから、角川『短歌』の特選、秀逸、佳作、『短歌研究』の準特選、『NHK短歌』の佳作、それから中日歌壇(両親にはこれしか見せないので新聞に載ると待遇が少しよくなる)に載せてもらうことが続いてました。

でも、わたしのつくりたいのと違う気がして...。

今、選んでもらって載せてもらってるのは、まだ生焼けの魚料理で、新鮮な刺身の良さもなければ、ちゃんと加熱もされてない生臭さの残る、味付けも整ってない気がして、紙面に載り人前に出たとき、まだもっと美味しくできたはずでは...と悩んでしまう。

もしかしたら、良い歌をたくさん読むようになって、目が(耳が?短歌脳が?)肥えてきたのでしょうか。

今日も一冊、新しい歌集を手にしました。
『新しい猫背の星』尼崎武
身を切り刻むように自分のことばかり歌にしているわたしからは、羨望のとおいとおい先にある言葉たち。軽やかで優しくて。

ああ、そうか、わたしが理想の歌を詠めないのは、中身がわたしのままだからなんだな。
(-_-;)


【今日のうた】

みずかけろん(とにかく水をかけまくるおばけ)に水をかけられている

 尼崎武『新しい猫背の星』