恋を語る歌人になれなくてブログ

2016,5月 恋の自作短歌をLINEで誤送信してしまったことをきっかけに、短歌な世界に引き込まれて行く。おそーるおそーるな一歩一歩の記録。

かしらかしら、ワークショップかしら

いつまでも無職でのらくらしていると休みの大切さとかお給金のありがたみを完全に忘れそうなので、職を探しはじめました。

のらくらしてると両親からのプレッシャーが物凄いのです。気のりしない面接を1個受けるボーナスとして1回お出掛けしても良いルールを自分の中で決めたので、面接受けてから名古屋にかけつけて荻原裕幸さんのワークショップに初参加。Yeah!!!

今回のお題は耳で聴いてたのしい心地よい歌ということで、初参加でなんたる難題...。
そういえば、音の楽しさから考えてつくったことなくてどうしたらいいかもわからないままメチャクチャ自信なく提出してしまいました。
参加してるみなさんの歌にああっと驚いたり、荻原さんのお話も楽しくてなんたるしあわせ~と思いました。(そして、荻原さんのお話される声がとても心地よくて、「もしや荻原さんに朗読してもらうことで耳に心地よい歌という難題はクリアされるのでは?」という真理??に気づいてしまったのでした...)


【今日のうた】

辻くんと来てるんだよと誘はれるその辻くんの春を見にゆく

 荻原裕幸「誰かが平和園で待ってる」(『短歌研究4月号』)