恋を語る歌人になれなくてブログ

2016,5月 恋の自作短歌をLINEで誤送信してしまったことをきっかけに、短歌な世界に引き込まれて行く。おそーるおそーるな一歩一歩の記録。

想像力欠乏症

自分は想像力が欠けていて、わりと身の回りでほんとにあったり見聞きしたようなことしか詠めない。表現が具体的になるのは、リアルなことを等身大でしか詠めないから、なのだよなあ...。オカルトも実話怪談派だし...。

今日は今日とて、(荒波のような苦手意識にもまれながら)うたの日の投稿に挑戦しようとしてつくったが、締切時間のことを忘れてて、間に合わず。
こんな感じになりました。

題詠「幻」
こっそり見た母の婚礼写真には白無垢姿のへびが睨んでた


わあー。出たよまた、オカルト短歌!ねた切れかよ!?...という内なる声に苛まれつつ...。

そうそう、百物語の会に出る時、新しく話せそうな怖い体験がないと「あーっ次なに話そう?」ってちょっと焦る感じ、そこまではまだ困ってないけど。
想像力を注入したいなあ。。。


【今日のうた】

楽園としての死後などあらざれば果汁を呑みに立ち上がりたり

 岡井隆水無月のころ』