恋を語る歌人になれなくてブログ

2016,5月 恋の自作短歌をLINEで誤送信してしまったことをきっかけに、短歌な世界に引き込まれて行く。おそーるおそーるな一歩一歩の記録。

瀬戸際レモン祭と初めての詠草

瀬戸際レモン祭から今日で一週間。
先週の土曜、蒼井杏さんの歌集『瀬戸際レモン』の出版記念パーティーにお邪魔しました。
ポエトリーリーディングと批評会とパーティー、歌人の蒼井杏さんはじめ、それはもう色んな色んな方々に会えてじゅうじゅう充実の1日でした。たくさんお話を聴かせていただいたり、短歌な悩み相談にのっていただいたり、本当にありがとうございました!

あまりの情報量と体験を自分の中で処理するのにまだ時間がかかっています。

多くの方はご存知のように、最高に人見知りなわたしですが、未來に入会したことで、世代と選歌欄を超えて想像以上にフレンドリーに声をかけてもらったのがうれしかったです。わたしなんかが...と悩んだりもしたけど、結社に軸足を置いて詠みつづけて行こうと決めてほんとによかったな。


瀬戸際レモン祭から帰ったあと、ぐるぐるしていた未來五月号の詠草も無事に送り出すことができました。大辻先生からすぐに励ましのお葉書をいただいて、夏韻集の子になってほんとによかったな。
( 〃▽〃)


【今日のうた】

この鍵はだれかの指の味がする。わたしいつでもひざまずけるよ

 蒼井杏『未來』二月号 星ふる

未來に入ると蒼井さんの短歌も毎月読めるんですよー。v(^o^)