恋を語る歌人になれなくてブログ

2016,5月 恋の自作短歌をLINEで誤送信してしまったことをきっかけに、短歌な世界に引き込まれて行く。おそーるおそーるな一歩一歩の記録。

激アツ伊勢歌話会

昨日は津にて、伊勢歌話会でした。

福岡から夏韻集の漆原涼さんが来られました。連作、圧巻の迫力でした。さらに、評するときの読みの瞬発力と深さが素晴らしく、今月の伊勢歌話会を一層濃密な時間にしてくださいました。ありがとうございます。

わたしの持っていった月詠は、優れた作品がつづく中イタタマレナイぐらいの駄目感を放ち、やはり大辻先生の厳しいお言葉を頂きました。前にもしっかり指摘いただいてたことなのにまだ身につかなくて、「もうそろそろ出来るようにならないと」と言われたとき、ああわたし、もう初心者気取りでいたらあかんのやなあ、と思いました。どこかに短歌矯正ギプス無いかなあ...。無い?あ、そう...。

ひゅっと降りてきたものを掴んでそのまま書き起こしたぐらいの、自分ではとるにたらんと思う歌ほど「これぐらいがいい」と誉めていただいて、「おちをつけたり読者にサービスし過ぎないで、豪胆に詠めばいい」と言われたのが今後の指針になると思います。

ネット短歌についても話題に上がりましたが、わたしが日頃ネット短歌にもやもやしてる理由が整理されたし、大辻先生のご指摘に大きくうなづくばかりで、「夏だ!一番!夏韻集まつり!」という気持ちになりました。←コレガ言イタカッタダケデハ...?