恋を語る歌人になれなくて

2016,5月 LINEで送信したメッセージを「それは短歌だよ」と教えてもらったことをきっかけに、短歌な世界に引き込まれて行く。おそーるおそーるな一歩一歩の記録。

未来2019年2月号の歌

こわいこわいと言っていた新年も来てしまい、恋人ちゃんと初詣に行ったり、短歌な新年会でたのしく過ごしたり、わちゃわちゃだらだらしてるうちに、もう、もう、二月ですか!!!

 

はぁ~、、、こわいこわい。

 

そんな2月1日、「未来」2月号が手元に届きました。

 

Twitterを通じて交流のある掛水ヱイさんが夏韻集からみらいプラザに出ています。うれしいし、励みになります。どうかそちらお読みください。

 

今月号は別れ話が深刻化したときに詠んだものです。

よかったらお読みください。。。

 

--------------------

未来2019年2月号のうた     森緑

 

親指のペディキュアだけに夏の海のこしたまんまタイツを履いて

 

どちらから切り出したのか三度目の別れ話は日付を越える

 

君のため身を引くなんて美しく危険な言葉はしまっておいて

 

泣いて泣いて干からびて水を飲み干しぬそこらにあった丼一杯

 

覚悟して魔女をいてまうヘンゼルとグレーテルにはなれないふたり

 

揺れてのちテレビの地震速報に重なるように連絡がくる

 

心配でメールし合えば諍いはしゅるると消えて灯る街灯

 

肌に添うヒートテックよ寒がりの恋人をただ温めてくれ

 

結論を出せないままで舐めている千歳飴ってこんなに長い

--------------------

 

「未来」掲載で、森田しなのになるのは、もうちょっと先(5月号から)の予定です。

 

幸薄い本名のまま生きていく半分だけはしなのになって/森田しなの

 

 

森田しなの になりました

何の気なしに姓名判断のサイトで試したら、森緑はめちゃくちゃ悪かったので、何度も試して運気の良い筆名をつけることにしました。


今日から、森田しなの になりました。
今までのもりみどでも、しなのでも、森さんでも、森田さんでも、呼ばれたら振り向くと思います。


未来の次の月詠から森田しなので提出するので、五月号から変わりますが、それまでは森緑で掲載されます。

歌会やでかけていった先では、森田しなのと名乗りますが、同一人物です。

これからも、よろしくお願いします。


歌も進化したいですなあ。

伊勢歌話会のあるあるをまとめてみました。

わたしが伊勢歌話会で歌会デビューを果たしてから、はや二年!

今でもあんまり気の利いた批評は言えませんが、たのしくたのしく参加させてもらってます。Yeah!

 

勉強させてもらってばかりで何かお役に立てないかとTwitterでのお知らせ担当をしているのですが、もしかしたら気にはなりつつ歌会参加を躊躇しておられる方もあるのでは?と思い、ちょっと伊勢歌話会あるあるをまとめてみることにしました。

 

(1)まずは、会場ですが、伊勢・・・といいつつ、ほぼ津駅で開催しています。

津駅直結の施設の会議室や研修室なので、道に迷わず不安なく来ていただけます。

 

(2)日時はたいていの場合、第二土曜の1時~5時です。

毎月のお知らせは、

https://twitter.com/murasaki_48

の固定ツイートをごらんください。

 

(3)詠草は事前に提出しなくて大丈夫です。

通常10首以内(参加人数がとても多い時は少なくお願いすることも)の連作を、前日頃にお知らせする人数分コピーして当日配布してください。

 

(4)お問合せ・申し込み方法は、上記Twitterでわたし宛てに、参加しますとDMで送信していただいたら、申込み完了です。

お休みするなど変更があれば、またご連絡ください。

 

(5)参加費は、はじめて参加の方は無料で、2回目から千円です。

 

(6)さて、実際の歌会ですが、大辻せんせい含めてほぼ10人前後の参加者です。

結社所属の有無もばらばらですし、年齢層も幅広いです。

選歌はありません。連作をじりじりみっちり読み合う集いです。

 

 

【伊勢歌話会のだいたいの流れ】

 

12時50分頃には会場に入れます。

机をロの字に動かして、早速、人数分持参した詠草を席に配ります。

歌会、開始!

司会は伊勢の弘田ちゑ子さん(未来短歌会夏韻集→現在はニューアトランティス欄で長歌を発表されています)、総評は大辻隆弘せんせいです。

 

誰の詠草から読み進めるかそのときに決めた順番で進んでゆきます。

作者が批評してもらいたい歌、気になっている歌など、2~3首決めます。

全員でしばらく連作全体を読みます。わりと短時間なので集中して読みます。

作者が選んだ2~3首について、一首ずつ、作者が読み上げます。

それについてみんなで評をします。

大辻せんせいが一首についての評をします。

これを作者が選んだ2~3首についておこないます。

連作全体について、何人かからまとめの評、最後に大辻せんせいから一首ずつの評、総評があります。

 

連作の歌会ですが、一首一首についても評を聞くことができ、連作をつくる点で必要なこと(ってざっくりしてますけど・・・)も学ぶことができます。

 

あと、文法や活用、音便、旧かななど、折にふれて文法のおさらいができるので、文法に自信がもてるようになるかも知れないかもですよ。

 

それから、「短歌をつづけられる人かどうか」「連作の味付け」「短歌にべからずを作らない」など興味深い話によこみち?それる時が特にわくわくしてたのしいです。

 

連作と聞くとハードルが高い・・・と思っておられる方、あんしんしてください。

わたしは最初の時、連作の作り方も知らず、出来上がってる歌で批評を聞きたいものを十首かき集めて持参しました。

とにかく見てもらおうと五首だけもっていったこともあります。

 

 

どうでしょう?

2018年おおみそか、何となくまとめ始めたらこんな風になりました。

みなさま、すてきな新年、充実の短歌生活をお過ごしくださいませ。

わたしも精進します。

 

未来2019年1月号の歌

 

2018年おおみそかの朝です。

ここ数日、新年が来るのがとてもこわくて、何とか阻止できないかと考えていましたが、どうにもなりませんでした。

漠然とこわいのです、新年。こんな気持ちは初めてです。

 

今年のうちに、新年2019年1月号の「未來」を届けていただきました。

この一年、あまりがんばってなくて成長がなかった自分を顧みつつ、じっくり読んでいます。

短歌をいちから(短歌は五七五ではじまり七七でおわる、というところから)始めて、今ちょうど二年と半年ぐらいでしょうか。いつまでも、初心者を言い訳にしているのも美的ではないとおもうのですけど、やっぱりまだまだビギナーです。でも、誰かの評価を気にせずたのしんでやっていられるので、とても恵まれた環境にいるのかも知れません。

 

2019年1月号の歌。

新年の幕開けにぜんぜんふさわしくない一連でした。

月詠出すとき何月号に載るか考えようぜ、、、とおもいましたが、一切のきらきら感を廃した日常ブツ切り短歌なところは変えようもない今の自分の詠み方なのかな、と、この一年の歌を振り返ったり振り返らなかったり。

 

ガツガツ、ゴリゴリ、修行したい気持ちもあるけれど、自分には自分のペースがあるのだとあらためて知った一年だったので、2019年もひきつづき、おっとりゆるゆる短歌をしていると思います。

 

----------------------------------------

未來 2019年1月号   森緑

壁沿いの際からたまってゆくほこり床の白さに濃淡はあり

パソコンの裏だけほこりを拭いたあとあぐらをかいて何にもしない

台風でふたつに折れた樫の木の断面を二階から見下ろして

月曜の朝の診察を待つ人はテレビの方を向いた静物

表情が穏やかだからいいでしょうと主治医はうんうんうなずきながら

採血の看護師さんが声を上げわたしの白い腕をうらやむ

静脈がみつからなくて年配の看護師さんが早足で来る

病院の待合にしか売ってないジャワティーをいつか欲しいだけ買う

物欲と書かんとするも俗物と書いてしまってそのままになる

----------------------------------------

 

未来2018年12月号の歌「読む」

今月も未来届けていただきました。全国から集まった歌を毎月一冊にして発送までしていただく大変な手間を考えると、ほんとうにおそれ多く途方もなく有り難い気持ちになります。

 

そんな一冊に載せてもらえるのだから、もっとがんばって、いい歌が詠めたらいいのだけれど。はがゆいです。

 

今年を振り返ると生活がガタガタな状態で、短歌のことを夢中で追いかけるような気持ちのよゆうが全然無かったなぁ、と反省です。

 

それに、最近、ほかの人の短歌を読んで自分の短歌をふりかえると、自分は見たこと、あったことをそのまま書き出してるだけなんじゃないの?それって散文でよくない?と言う内なる声に苛まれてしまいます。

 

もうちょっと短歌のことをがっつり集中して勉強したいと思うのだけれど、すぐ次の月詠のしめきりが来て、月詠ギリ子はてんやわんやしながら十首送ってしまうのです。

二か月に十首のペースならもうちょっと凝縮された歌を送れるか、というとそれもわからないですけど。。。

 

今月号を提出したのは、夏の暑さとか停電とかで疲弊してた頃だから、今年いちばんグダグダだったかも。。。

 

 

未来2018年12月号 「読む」 森緑

 

おしまいになってもずっと外されぬ国際秘宝館の看板

アマゾンで買った本からスリップが抜かれておらず違和感はあり

著者謹呈の紙切れはらり白いままブックオフにてみつけた本より

停電の復旧を待つ蒸し暑い夜こそ役に立つ kindle

kindle の白い灯りで読むときの『高野聖』に吸い込まれゆく

朝までに復旧しそうにないだろう『青い花』全八巻を読む

泣きながら読み終えたころ朝になる雨戸に閉じ込められて暗くて

絡まった黒糸みたいに留まってさっきわたしが叩いた蜘蛛は

クリックの間合いのずれるマウスとは親しくなれないままで別れる

 

 

未来2018年11月号の歌「ことばとこえ」

はいっ。11月です。

2018年もあと二か月切ってますが、しょぼしょぼやっております。

ちょっとお仕事のチャンスが広がりそうな気配があり、今夜は心もち浮かれて布袋など歌いながら書いてます。ベビベビ、ベイビベイビベイビベイビ、ベイベエー。江頭さんでおなじみですね、ほんとは「スリル」っていうんですよ、あの曲。

 

今月の未来11月号から、夏韻集から山川築さんが前のほうのニューアトランティスへ!

おめでとうございます!これからも楽しみに読ませてもらいまーす。

山川さんは、伊勢歌話会に以前来てくださってて、じぶんごとのようにうれしいです。

 

わたしも精進します。

 

今月号では、なんと!アンソロジー7月号のページに、夏韻集の先輩・森本直樹さんがわたしの歌を入れてくれてあって凄く凄くうれしいです。

アンソロジーのページは、既に出ている7月号の全部の歌から選んだ歌で一連にしたページで、いつも好きで先に読むのです。いつかここに載せてもらえたらうれしいけど、わたしの歌が入ったら台無しにならないかな?しっくり馴染むチャンスはあるのかな?と思ってたので、今回、ぜんぜん違和感なく浮かずに置いてもらえていて、ほんとにうれしいし、ありがたいし、こういうことの繰り返しが励みになるんだなあと思います。

後輩の歌をちゃんと読んでいてくれる先輩に感謝です。ありがとうございますっ!

 

スピッツの「ロビンソン」ばかり流れてた新卒の春のFMラジオ (森緑)

 

今月号の歌は、夏の暑さにもみくちゃにされてた頃に提出したものです。

よかったら読んでみてください。どうぞー。

 

************************

ことばとこえ   森緑

昨日から天気予報にあらわれたスーパー熱帯夜という新語

いのちに関わる危険な暑さということば危険の中へ飛び込んでゆく

深夜二時西側の窓を開けたときまぶしい光にさっと身を引く

明滅する光で誰かが送ってるおそらくこれはモールス信号

家々の壁や庭先を通り抜けつよい光が届けることば 

恋人に電話をすると遠くからかぼそい声が聴こえはじめる

生産性の無い恋をして飯を食う生産性の無いうたを詠む

開店と同時に賑わうはま寿司でペッパー君がしゃべり続ける

甲高い声を響かすペッパー君母がふれると声は途切れて

************************

 

未来2018年10月号は800号記念特集号(2)でした

今月も、未来がきています。なんと801号。凄い。

長く濃密な歴史のなかに、なにかしらの縁がありちょろっと置いてもらえてる有り難さを感じます。

 

今月号も厚い。先月お見かけしなかったあの人この人、後半ページで自選10首&エッセイもりだくさんですね。じっくり楽しく読ませてもらってまーす。

夏韻集を卒業して、ニューアトランティスへ行かれたにゃん先輩こと森本直樹さんの月詠が、久しぶりに読めたのも安心できてよかったです。

 

今月の連作は、お相撲!名古屋場所の時に月詠を作ったので煮詰まることなく、気楽に詠みました。歌の良し悪しはおいておいて。まあ、たまにはそんな時もあってええやろ、という言い訳をしながら。

 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 

未来10月号の歌     名古屋場所  森緑

 

たのしんで歌を詠みたしネットから離れて静かな風に吹かれる

 

伸びしろと呼べばほのかにあたたかいお風呂あがりに屈伸をする

 

千代の国対逸ノ城の取組はどちらも勝ってと願ってしまう

 

取組が終わった頃にスマホへと届く通知で負けを知らされ

 

お相撲を見ているときだけ父母と共通言語で話ができる

 

我が家では遠藤よりも勢と阿炎がイケメンだという噂

 

会場にうちわの波は揺らめいて画面のこちらに熱気が届く

 

鶴竜が連敗したのち座布団は止むことなしに飛び交っており

 

色合いのきれいなまわしを見掛けると考えてみるわたしのまわし

 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 

若貴時代からのライトなお相撲ウォッチャーです。

好きな親方は錣山さん♡、寺尾時代からかっこよかった~。

推しは逸ノ城と宇良ちゃん(ピンクのまわしの宇良ちゃん、怪我から復帰中!)ですが、朝青龍さんの甥っ子、豊昇龍も大注目。

ヒルでダンディな安美錦さんは、勝っても負けてもたたずまいが好き。

 

前からちょいちょいお相撲さんの歌を連作に入れたりしてるんですが、連作にしたのははじめてです。

覚王山のあたりに住んでいた頃、名古屋場所の頃になると、勤めてた本屋にお相撲さんが来店してこっそりこーふんしたり、コンビニにお相撲さんが何人もいて大きさに勝手に感激したり、坂を下ってきたイケメン眼鏡のお相撲さんの美男ぶりと甘いかおりにくらくらっと来てすれ違った後を追いそうになったり、名古屋場所をテレビで見てると、名古屋での暮らしの楽しかった断片がふわっと浮き上がってきて、「名古屋に帰りたい病」が再発します。

 

日本相撲協会公式アプリをスマホにインストールしています。

推し力士や推し部屋を登録できたり、出身県別データなども見られるし、推しの勝敗が決まると即スマホに通知が来て、「あ~今日も逸ノ城負けたかぁ~」と取組動画を再生できます。タニマチという有料会員もあるけど、無料で十分見るところがあります。

 

はぁ~~生でお相撲みてちゃんこ食べておみやげいっぱい買って親方と写真とったりしてみたいなぁ~~~。めちゃくちゃ楽しい一日になりそうだなぁー。

 

伊勢神宮観月会の短歌と兄にランチをゴチになります会でのこと

先日、中秋の名月の9/24に伊勢神宮でおこなわれた観月会に応募した短歌(題詠「父」または「母」)で、準佳作をいただきました。

 

観月会は行けなかったのですが、後日、ずっしり重い小包で、神宮の印が入った桧の文鎮(めちゃくちゃ目の覚めるようなヒノキの香り!)の記念品と観月会応募作品集が届きました。

 

両親は、うちの娘がもらうんだから準佳作なんていうのは参加賞みたいなもんだろ、と思っていたようでしたが、記念品がどえらい霊験あらたかな様子で、また、作品集を見て日本全国から多くの応募があったこともわかり、驚いていたようでした。

 

母の見し対馬の海ははるかなり今は熊野の海を眺めん

 

それで、昨日10/3は月に一度、兄と両親と4人でランチをいっしょに食べる会だったのですが、わたしは恋人のことを兄にどのタイミングで切り出そうか、相談できることは相談してみようかと、もわんもわん考えていたので、短歌で準佳作だったことは伝えるのを忘れていたのですが、ランチの最中、唐突に父がわたしのことを褒め始めたのです。これにはわたしの方が、はぁ????と取り乱してしまいました。

 

わたしはこの家では、出来の悪い方のこども、ということで、子供の頃から褒められることはなく、親の期待通りに成長した兄と比べたら厄介者の居候で、腐ったみかん(え?古い?)という立場です。

 

父は権威に対して非常に弱いところがあり、伊勢神宮!というのがじわじわきてるようで、日頃絶対にわたしを褒めないのがウソのようにこの時だけは「寝てばっか居るのに、どうやって作るか知らんけどいつの間にか作っとる」だとか「かんたんなことしか書いてないのに、なぁ」だとか突然言い出したので、何?兄の可愛がってる妹を持ち上げて今さら兄に点数稼ぎ?とオタオタしてしまいました。

兄はわたしが短歌をしていることも知らなかったようで、おどろきつつ喜んでくれているようでした。その点では、父がばらしてくれて良かったかな。

 

 

でもこのところ、短歌がまったくできません。

この先、賞とか入選とか何もなくなったら、最近どうなってんの、あれはまぐれか?って父親から嫌味ばかり言われそうでナーバスになります。

だからといって、常に挑戦し続けるのは苦しい。それはもう、わたしが楽しんでいた短歌ではなくなるのではないか。でももっとのびのび自在に歌を詠めるようになりたいし、そのための勉強をしたい。。。

 

 

なんか、ぐるぐるぐるぐるしてるけど、とりあえず、短歌の前に生活を正さなければ、とは考えてます。。。ぐむむ・・・。

 

 

未来2018年9月号は800号記念特集号(1)でした

今月号、分厚いんですけど、「800号記念特集号(1)」ということは

まだまだ前半なんだぁ、ひょえーという密度です。

 

わたしの送った自選10首と短いエッセイも載せてもらってありました。

わたしみたいな短歌はじめたての者からベテラン選者さんまで

1人半ページずつを割いて、あいうえお順で等しく載せてもらってあり、

ちょっと震えました。

 

今月号の歌は、ちょっともう、仕事も私生活も手詰まり感があった頃、

日常もできてないのに短歌、詠めないよ、、、という気持ちで送った月詠

歌会で「重過ぎる・・・」と評をいただいた歌を事実から少し離して

書き直したものも入れました。

欄頭ファイブでの掲載でした。もっとがんばります。。。

 

よかったら読んでみてください。

**************************

未来8月号の歌    森緑

, (コンマ)にてつらつらつづく英文に息切れがするぬるい真昼間

背の高いなで肩の君と並ぶとき鴨川沿いにひかりは射して

滑らかな君のなで肩を指先でなぞりつづける目を覚ますまで

白鵬が負けたまんまで夏場所が終わったあとの月曜の朝

君と観た映画のあとも残ってるキャラメルポップコーンの味は

送信したメールの返事はスルーされそちらの雨はあがりましたか

しゃべらない客と覚えているのだろう黙したままで髪を切りゆく

「わがままをゆるしてほしい」という君をゆるせずに咲く白いあじさい

白米はのどを通らずお豆腐のやさしさだけがしみこんでくる

人はみな右手の甲から脱皮するほんとに夢であったのだろうか

***************************

 

f:id:mxmidori:20180910144810j:plain

未来2018年8月号の歌「きゅんきゅん」

八月も真ん中へんです。
イカもキュウリも冷やし中華も食べられないし、
花火大会も夏祭りも予定していないので、夏感薄いです。
大好きなゴーヤをもりもり食べてる時は、夏っぽいですが。

今月とどいた未来8月号、今までで一番たのしんで詠んだ初デートの10首です。
のろけにならない、ぎりぎりのラインで抑えたつもりなんですけど、
まあ、人生で滅多にないことですし、、、

よろしければ、お読みください。

                                                                                                                                                • -

「未来」8月号のうた

きゅんきゅん     森緑

顔写真しか見ていない人と会うカレンダーはもうめくられている

昼下がりマンゴーアイスを食べたなど深夜二時まで電話で話す

デートとは言えず慌てて家を出る女子会だとかごまかしながら

特急に二時間乗れば駅に着く文庫本を読むことも忘れて

改札の向こうで待ってるオレンジのカーディガンを着た背の高いひと

手をつなぎ歩き出すとき胸のうちあまたの薔薇がひといきに咲く

怨霊や式神のことを楽しげに聞かせてくれる京のことばで

帰宅して肩口に付いたオレンジの毛玉ひとつを丁寧に取る

雨音の合間をぬって君の声思い出そうと呼吸を止める

きゅんきゅんの「ゅ」のぎこちなさに揺れている春のはじめの夜は眠れず

                                                                                                                                                • -

f:id:mxmidori:20180810232102j:plain

未来2018年7月号の歌「えぐみ」

2018年も半分終わっちゃったよ、うわあーーーんん。

2018年については、恋愛できたこと以外に何も前進しとらん気がします。

 

そんな時に届いた未来7月号。

この前、短歌する恋人とも話したんだけど、わたしはこの先も短歌を楽しくつづけられたらそれが一番しあわせで、大きな注目や評価をされることがなくても、何かしらの賞とかもらえなくても、短歌をしていたおかげで優しい恋人や友人ができたから、もう十分もらい過ぎなぐらいやし、と思っていて、、、、それで、あの、、、うまく言えませんけど。

それでも、夏韻集の看板横に並んで載せてもらってあると、背筋がしゅっと伸びる感じがします。大辻先生から、もっともっとがんばれるで!と声をかけてもらってるような気持ちでぐっときます。選歌後記にも強くはげまされました。

今月も、ありがとうございます。

 

未来7月号の歌9首です。

よろしかったら、ちょっと読んでいってくださいませ。

----------------------------------------------------------

えぐみ       森緑

三月はさらさら落ちる砂時計うしろ姿に声はかけない

止まり木に白木蓮の群れを見たどれも飛び立つことはなかった

スピッツの「ロビンソン」ばかり流れてた新卒の春のFMラジオ

のど飴は糖質90%(パー)オフで甘い石ころなのかも知れない

待ったなしの三月末とわたしとの軋みのなかをゆく紋白蝶

筍の下茹でをする湯気の中わたしのえぐみはあふれてしまう

欲求が(異性に対し)わいてこない つぎつぎ芽吹く庭のドウダン

先輩が老眼鏡を買いしこと真夜中過ぎのツイートに知る

最後までチェーンソーなど出て来ない「女子高生チェーンソー」なる映画

----------------------------------------------------------

 

f:id:mxmidori:20180704204737j:plain

 

未来2018年6月号の歌「鳥を待つ」

仕事のことばかり考えて、短歌できない六月が過ぎました。

ニューウェーブ30年シンポジウムとか、デートとか、いろいろあったんだけど短歌はひとつもできてません。

七月は、リバウンドして短歌がめきめき出来るといいんだけれど。

 

もうそろそろ7月号が届くかという頃なんですけど、こちら、6月号の歌です。

ははぁ、まだ春先、無職、無職、言ってた頃だねえ。今だってたいして変わりはしないんですがねえ。

日本野鳥の会さんによると、鳥の餌付けは冬場の餌が少ない時期限定でおこなうように、とのことですので、今の季節、バードフィーダーは空のまま吊るしてあって、すずめも寄り付きません。

 

もしよろしければ、お読みくださいませ。

-------------------------------------------------------

鳥を待つ      森緑

絶望の世界新記録叩き出すゴールに誰も待ってはいない

ざあざあと近付いてくる雨音に急かされながら暦をめくる

日めくりは28から1に飛ぶ逃げた二月の影は見えない

無職にも春一番は吹き付ける痛い苦しい白く眩しい

庭の木にバードフィーダーを取り付けて窓際に立ち鳥を待ってる

来ないかも知れない鳥を待ちながら不自然な向きに首はねじれて

もしかしてりんごを初めて食べたのか窓を隔てて鵯に語りぬ

庭に立つ名前を知らない木のことを家族みんなが鵯の木と呼ぶ

サンシュユの小さきつぼみがゆっくりとちからを抜いて開き切るまで

まだ春を受け入れがたい心地してリップクリームを幾重にも塗る

-------------------------------------------------------

今日は町の図書館で「ひたくれなゐの人生」「ひたくれなゐに生きて」の二冊を借りてきた、どちらも斎藤史さんへのインタビューによる本。本の数もちょろっとしかない田舎町の図書館なので、びっくりするほど短歌の本は置いていない。こんな時、機嫌が悪いと田舎に生まれた自分を呪ってしまうけど、わたしはまだまだ知らないこと、知りたいことが多いので「壮大なのびしろ」って思うことにしてる。